Business College for Artists

表現者ビジネスカレッジ

アート系、表現系のシゴトで

食べていく力をつける学校

アーティスト・漫画家・ ピアニスト・

カメラマン・彫刻家・イラストレーター・・・

アートを子供に教える、撮影依頼をもらう・・・

アーティスト・漫画家・ ピアニスト・カメラマン・彫刻家・イラストレーター・アートスキルを教える・撮影依頼をもらう・制作依頼をもらう・・・など表現者として食べていきたい、または、アートや写真など自己表現や表現スキルで、何かしら仕事がしていきたい、そんな表現者を目指すあなたが、自力で食べていくビジネススキルやセルフプロモーションを身につけられる、表現者のためのビジネスカレッジです。

入学

プレゼント

があります。

こんな悩みありませんか?

■ 今、仕方なくやっている嫌な仕事をやめて、好きなアート系、表現系の仕事で食べていきたいけど、 収入をどうやって得たらいいのかわからない。


 アート系のお仕事を何かしらしたいけど、趣味の域を脱することができない・・・


 カメラマンとして仕事の依頼が欲しいけど、ぜんぜん依頼がない・・・


 周りからアート系、表現系の仕事では、食べていけないといわれる・・・


 周りからはアーティストや表現者として認められておらず、自称アーティスト、自称表現者になっている・・・


 本当は〇〇さんと言われて世間に注目されたいのに、最近、○○ちゃんのママとしか言われなくなった、、、


 子育て、生活に追われて、好きなアート系、表現系の仕事で食べていく事を諦めている・・・


 好きでもない仕事を週5でやり、週末だけアーティストという現状から抜けだせない・・・

■ 素敵な作品をみたり、演奏を聴いたりすると、感動して自分もやろう!感動を与えたい!そう思うけど、日々の忙しさに追われて3日坊主でおわり、また作品や演奏ふれたとき感動させる仕事がしたいと思うが3日坊主におわる、それを繰り返してしまう・・・


■ 若いころの夢だったアート系や表現系のお仕事で食べていきたいと思っているが、何をしたらいいのかわからない・・・


■ アーティスト、カメラマン、ピアニストをやりながら、教室をやっているけど、生徒がこなくて収入がおもうように得られない。


■ インターネットでプロモーションや集客がしたいけど、思うようにプロモーションやお客さん、生徒さんが集まらない。


■ 表現者として食べていくのは、天才にしかできないのだろうかと諦めかけている・・・

表現者として食べていけます。

アーティスト、写真家、カメラマン、ピアニスト、歌手、イラストレーター、、、、

アートスキルを教える先生、撮影や制作、演奏依頼をもらう、

このような表現者として生計をたてられている、、、

つまり食べられている人は、たくさんいます。


メディアにしょっちゅう出ているアーティストばかりが、表現者ではありません。

知らないところで、たくさんの表現者が食べていけています。


だから、安心してください。

あなたもこのカレッジで学べば、表現者として自力で食べていけるようになります。

なぜあなたは、表現者として

食べれていないのか?

では、なぜあなたは、上の生計を立てられている表現者とは違い、

表現者として食べれないのでしょうか?


なぜあなたは、自分の表現や表現スキルだけでは食べていけないからと、

身の入らない、気持ちの入らない別の仕事につき、

週末の空いた時間だけ表現者としての活動をするよりほかできないのでしょうか?

それは、、、

こんな思い込みがあるから

食べれている表現者

食べれていない表現者

良い作品をつくれば、いつか誰かが見出してくれ、いつか食べれるようになる。

良い作品をつくっても、プロモーションをしないといつまでたっても、誰も見向きもしてくれないことを知っている。

アートや表現は高尚なもので、ビジネスは低俗なもの。だからアーティストはビジネスに走ってはいけない。

アート業界は、そもそもビジネスだと知っている。だからビジネススキル、センスも磨いている。

表現者は、宣伝をしてはいけない。

表現者だって、自分で宣伝やプロモーションをしなければ、たくさんいる表現者の中に埋もれてしまう。だから自分を知ってもらうためにビジネス活動をしなければならないことを知っている。

SNSを使うにもやり方をちゃんと知って使いこなすことが必要と知っているし、SNSだけじゃなく、ビジネスについても常に学んでいるし情報をとっている。

facebook、instagram、ブログで作品をアップしていれば、そのうち仕事の依頼が来る。

作品販売以外でも表現者として稼ぐ方法を知っている。

webをうまく活用する術を知っている。

純粋に作品販売だけで食べていくことしか発想がないし、それができないなら、自己表現とは関係ない別の仕事に就くしかない。

それは、こんなことを思い込んでいるからです。

食べれていない表現者

食べれている表現者

食べれていない表現者

食べれている表現者

食べれていない表現者

食べれている表現者

食べれていない表現者

食べれている表現者

あなたも食べれる表現者になるには

どうしたらいいのか?

海外の美大、芸大では、創作スキルや表現スキルを教えるだけでなく、プロモーションスキルも学科に入っています。

ですが、日本のほとんどの美大、芸大ではプロモーションの方法やビジネススキルについては、教えてもらえないのが現状です。

アート業界はビジネスであることが分かっているにもかかわらず。


あなたもあなたの自己表現を活かしたり、表現スキルや創作スキルを活かして

アーティストや表現者として食べていけるようになるには、どうしたらいいのでしょうか?

アート系、表現系のお仕事で食べていけるようになるには、どうしたらいいのでしょうか?


その答えは、簡単です。


ビジネスを学べばいい のです。


アーティストや表現者として生計を立てられている人たちと同じように

あなたも ビジネスのことを知り、あなたの表現を仕事に変えていけばいい のです。


天才と呼ばれる人も実は

ビジネスセンスを磨いている

あなたもご存じでしょう、現代アーティストの村上隆さん。

芸術起業論という著書でこんなことをおっしゃっています。 


「ビジネスセンス、マネジメントセンスがなければ、

芸術制作を続けることはできないのです。」 


作品に1億円の値がつく日本を代表するアーティストです。

はたから見れば、天才の名をほしいままにしているアーティストです。 


でも村上隆さんは、表現だけで売れるのは、

よほどの天才でなければ無理だとおっしゃっています。


これを聞いてあなたは、どう思いますか?

アーティストや表現者として自分の表現を磨くことだけで、食べていく自信がありますか?


きっと多くの表現者を目指す人たちは、一つ返事で「はい」とは言えないことでしょう。


実は、ピカソもビジネスマインドが他の画家よりもすぐれていたため、あんなにも有名になったといわれています。

たとえば、ピカソは、まだ無名の頃、友人に頼んでそこら中の画廊で「ピカソという画家の絵はあるか?」と聞いて廻らせたそうです。


そうすれば、画廊は「若い人の間で人気が出ている画家なのかな?」と思うからです。


これって、今でいう口コミ効果を狙ったビジネス的な活動ですよね。


きっと現代にピカソがいたとしたら、なんとかしてinstagramやfacebook、twitterなどのSNSでシェアやリツイート、イイネを駆使してプロモーションやビジネス的な動きをしていたことでしょう。


つまり、こういった偉人でもビジネスセンスを磨き、戦略的に活動していいるのですから、あなたもビジネスを学ばない理由はみあたらないでしょう。


ビジネスを

どうやって学べばいい?

とはいえ、きっとあなたは、

どこでどうやってビジネスを学べばいいのかわからない、

そう思ったことでしょう。 

大丈夫です、みんなそう思っています。 


ビジネスを学ぼうと思って、

小難しい数字やグラフが書かれたビジネス書を買ってきて

読んだとしても、実際には30分も読めば、ただ眠たくなるだけで、

自分の活動に取り入れるなんてことは、まずできないのが普通でしょう。 


一人でそれをやるとしたら、なおさらモチベ―ションは続きませんよね。 

れは、わたしでも同じです。 


This is a paragraph. Click here to add / edit your own text. This should be used to tell a story and let your users know a little more about your product or service. How can you benefit them?

ところが、同じ境遇の仲間が一緒に同じことを学んでいる、そう知っただけで、モチベーションはあがるどころか、学ぶ事が楽しくなります。


もっというと、本ではなく、動画で学ぶことで、本よりも情報量が多いため、格段にビジネス知識やスキルが身についていきます。


さらに、アーティストや表現者として実際に活躍し、アーティストや表現者として生計を立てられている人たちから、ビジネスや自力で食べるスキル、方法を学べるとしたらどうでしょうか?

きっと、ただお金儲けを目的にしたビジネスマンからビジネスを学ぶよりも、あなたと同じようにアーティストや表現者として生計を立てたいともがきながらも、実際に今、アーティストや表現者として生計をたてられている人たちから、ビジネスを学べた方が、あなたの活動により近く、より具体的にビジネスや自力で食べるスキル、方法を学べるとおもいませんか?


そんな場を実現したのがこの表現者ビジネスカレッジ「BCA」です。

表現者が自力で食べていく力を育てる、表現者のためのビジネススクール、それが表現者ビジネスカレッジ「BCA」なのです。

アーティスト・漫画家・ ピアニスト・

カメラマン・彫刻家・イラストレーター・・・

アートを教える、撮影や制作依頼をもらう・・・

アーティスト・漫画家・ ピアニスト・カメラマン・彫刻家・イラストレーター・アートスキルを教える・撮影依頼をもらう・制作依頼をもらう・・など表現者として食べていきたい、または、アートや写真など自己表現や表現スキルで、何かしら仕事がしていきたい、そんな表現者を目指すあなたが、自力で食べていくビジネススキルやセルフプロモーションを身につけられる、表現者のためのビジネスカレッジです。

表現者ビジネスカレッジ


アート系、表現系のシゴトで

食べていく力をつける学校

オンラインで


どこでも

  受講OK!

Business College for Artists

入学

プレゼント

つき!

「表現者ビジネスカレッジ」

「表現者ビジネスカレッジ」

アート系、表現系のシゴトで

食べていくための学校

アート系、表現系のシゴトで

食べていく力をつける学校

3つのクラス

3つのクラス

このクラスでは、いま活躍しているアーティスト、カメラマン、ピアニスト、ダンサー、デザイナー、アートディレクターといった先輩表現者が登壇し、どうやって食べられるようになったのか、プロモーションは?どんな道がある?食べていくための考え方、マインド、業界の構図や裏事情、事例など、活躍する表現者が通常は話さない内容をお話します。


たくさんの偉人がこんな言葉をのこしています。


■ ピカソ

「良い芸術家は真似をする。偉大な芸術家は盗む。」

■ ダリ

「何もまねしたくない 、なんて言っている人間は、何も作れない。」

■ スティーブ・ジョブズ

「創造性というのは、 ものごとを結びつけることにすぎない。」

■ 坂本龍一

「オリジナルであるために学び続けろ。」


学ぶことは、マネぶこと。


もしもあなたが、学び続けることをやめ、あなたのいる同じジャンルや領域、業界の表現者たちと同じような事をしていれば、あなたの個性や能力はあっという間に埋もれてしまい、世の中に表現者として抜け出ることは可能性として低くなることでしょう。


しかし、他のジャンルや全く違う業界の話、違う領域でのやり方や考えを学び、それらをあなたなりにカスタムし、あなたの業界やジャンルで取り入れたなら、表現者としてのあなたは、同じジャンルや業界では異質な存在になる可能性が格段に高まることでしょう。


そして、圧倒的な個性を放つ表現者へと変わっていき、世の中に注目される可能性が圧倒的に高まることでしょう。

毎月活躍する表現者が動画でレクチャー!

いま活躍している表現者が登壇!

プロモーションから考え方、業界トレンドまで表現者として生きていくには?を動画で解説

「マネび」

クラス

ナビゲーター:三尾洋介

講師:活躍する表現者

PC、ipad、

スマホOK!

オンライン受講!

■アーティストはどうやって食べていけるのか?

■お仕事の依頼をもらうときに、気を付けてたり意識することとは?

■アート業界のトレンドってどんなかんじ?

■アーティストとして食べれるようになりたい、と思ったら、まず何をしたらいい?

■アーティストのスキルや感性の磨き方とは?

■オススメのセルフプロデュースや、セルフプロモ―ションを一つ選ぶとしたら何?

■その他多数.....

講師:

「完売作家の異名を持ち、バッチェラーにも出演の現代アーティスト 」

杉田陽平が登壇!

■世界への活動は、どのように広がっていく?

■趣味で写真をやることと、仕事として写真をやること1番の大きな違いは?

■大きな仕事をしてきたカメラマンでも、まだ勉強することあるの?

■スキルレベルは、どのタイミングで、仕事をとり出せばいい?

■はじめの一歩が踏み出しやすい仕事とは?

■普通の人が、著者として本を出版するには?

■その他多数.....

講師:

「イチロー、ジョニー・デップ、オバマを撮影し

  ″ニューヨークタイムズ″の表紙も飾ったカメラマン 」

木村順子が登壇!

<テーマ例>

個人でも稼げる

ビジネス力を磨く動画講義

クラス

「かせぐチカラ」

毎月使えるビジネスノウハウを動画で解説!

このクラスでは、あなたが何があっても食べていけるよう、個人レベルで使えるビジネススキルを動画で解説していきます。


上でもお伝えしましたが、天才と呼ばれるようなアーティストだって、ビジネスセンスの大切さを明言していました。

だとすれば、あなたがビジネスを学び、磨くことをしない理由は見つからないでしょう。


創作スキルや表現スキルだけでは、そもそも食べていくのはほぼ不可能です。継続的に創作活動や表現活動ができなければ、世の中に注目されるどころか、知ってもらう事さえできません。そのために稼いで自力で食べていける様になる事は必須条件といえます。


このクラスでは、まずあなたが食べていけるようになることを目指します。このクラスで学び、活用すれば、どうやって収入をあげればいいのか、お客さんをどうやって集めればいいのかなど、食べていくためのアイデアがたくさん浮かんでくることでしょう。

講師:三尾洋介

PC、ipad、

スマホOK!

オンライン受講!

一例)

表現者のためのブランド戦略(PUTE法) 

■集客が思うようにできない理由とは?

■集客が出来ている人がやっていることとは? 

■お客さんの3つの心理とは?

■SNS、ブログだけやっていても売上が上がらない理由?

■メルマガをやっている理由知ってる?

■売上を増やすよりも、まず増やすものって?

■ランディングページって?

■オプトインって何?

■個人でもできる外注、ツール活用法

■その他多数.....

継続的な安定収入をつくるWeb集客法

■ブランドって何?

■個人こそブランドが必須?

■なぜ表現者はブランドが必要なの?

■ブランドがないといずれ淘汰される?

■ロゴやデザインをお洒落にするのがブランドではない?

■お客さんもライバルも気づいていないニーズを見つける?

■自分らしさをビジネスに変える?

■表現者がブランド構築するためのPUTE法?

■〇〇こそが競争力の源泉だって?

■その他多数.....

「このまえの講義の内容のあの部分がわからなかったから、もう少し詳しく教えてほしい」とか、「実際に活動してみたら、こんなところでつまづいてしまった」など、新しいことをやっていく時には、何かとわからないことや、失敗することはつきもの。


そんな前向きなあなたの疑問や質問の中から、他のカレッジ生にも役立つと思われるものをチョイスし、その解決案やアドバイスを動画で解説しますので、より学びを深くできるのと同時に、実際の行動に移す際の大きなヒントも得られることでしょう。


クラス

「FAQ」

講義やあなたの活動での

疑問や悩みを解決する

動画プチコンサル

カレッジ生からの質問に対して動画で解説!

ナビゲーター・講師:三尾洋介

PC、ipad、

スマホOK!

オンライン受講!

5400円(税抜)で受講できます。

このカレッジはオンラインでご受講いただけます。


そうすることで、教室にいく移動の労力、交通費のご負担などを軽減し、あなたのお好きな時間にPCやipad、スマホなどを開き、いつでも空いた時間にパッと勉強ができるようになっています。


さらに、通常のカレッジでは数十万や数百万という高額になる入学金や受講料も、できるだけご負担なくご受講いただけるよう月額 5,400円(税抜)という低価格にさせていただきました。


また、カレッジ生になった後でも、いつでも退学できます。


もちろん、表現者として成功するためのリアルな情報やビジネススキルが毎月見れるわけですから、退学したいなんて思わないと思いますが、今回、あなたには極力ご負担の少ない形で最初からご安心してご受講いただける形にさせていただきました。

これだけじゃありません.... 

3つのプレゼント も 

どうぞお受取りください。

【 完売作家 が「実は」を語る

 完売するには理由がある?】

完売作家の異名を持つ現代アーティストの杉田陽平が、作品販売のために考えていること、やっていることなどを包み隠さず動画で公開しています。

画家、写真家はもちろんのこと、あなたがアーティストを目指しているのでしたら、確実に完売作家になるための大きなヒントをえられることでしょう。

プレゼント

完売する作品には理由がある?

どういった作品は売れやすいのか?

逆にどういった作品が売れにくいのか?

完売にするためにやっていることは?

事例紹介

画家以外の表現者にも、学びがたくさんあります!

【 たった3つの数字で

   安定したビジネスをつくる方法】

この「たった3つの数字で安定したビジネスをつくる方法」を学び、実践することで、ほとんどのビジネスは、安定し、長期的な売り上げを作ることが出来ます。


表現者も社会の一員です。つまりビジネス的な言い方をすれば、個人事業主。


個人事業主であれば、安定したビジネスを作りたいと思うのは当然のことでしょう。

そして何よりも安定した収入を得たい、それは誰しもおもうことでしょう。

たった3つの数字でその安定したビジネスが構築できるとしたら、どうでしょうか?

プレゼント

なぜ新しいノウハウに振り回される?

ビジネスの設計図?

儲け話とビジネスの違いは?

制約理論とは?

顧客を獲得し維持する仕組みを構築する

【 ビジネスで使える

    ITツールリスト

この「ビジネスで使えるITツールリスト」は、私たち一般社団法人 日本アート教育振興会が、運営でヘビーに使っているものばかりです。 

これらがなければ、 ビジネスが成り立たないものばかりです。 

またそれ以外でも 私たちの周りの経営者、会社が使っていて オススメのものも含まれています。 

ITサービスを使いこなすことで、 あなたの活動、ビジネスの成長率はかわってきます。

こちらを是非活用して、無駄な手間を省き、あなたの表現や創作の時間にあなたの貴重な時間を使って下さい。

プレゼント

表現者もビジネスセンスを磨く必要があります。

大切なので何度でもいいます。

何度も言ってすみません、でも大切な事なので、もう一度だけ言わせてください。


あなたのアーティスト活動や表現スキルや創作スキルを活かして仕事をすることは、創作活動や表現活動でもあり、同時に「ビジネス活動である」ことを忘れないでください。


アーティストであっても、どんなジャンルの表現者であっても、どんな人だって、社会の一員です。いろんな人々が生きる、この社会で生きています。その社会でお金をいただこうと思ったら、社会のために何かしら貢献する必要があります。


ビジネスの本質は、誰かのために役に立つこと、意味のあることを提供すること。


アーティストや表現者として、世の中に意味のある存在になるためには、世の中の人にまずは知ってもらうところから始めなければなりません。


アーティストや表現者だけが、なにもしなくても自然に注目されるわけではありません。

世界にはたくさんのアーティストや表現者の人たちがいます。


そこであなたが注目され、食べて行けるようになるためには、創作スキルや表現スキルを学ぶだけではなく、ビジネススキル、センスを磨く必要があります。かつて、ピカソがそうであったように。


だとすれば、天才と言われるアーティストや表現者の人たちのように、ビジネスセンス、マネジメントセンスを磨くことは必須です。


今は、ピカソの時代と違い、インターネットがあります。

インターネットとオフラインをフル活用し、あなたという個性を世の中の人々に発信していってください。


前向きな勇気ある一つの行動が、あなたの状況、環境をガラリと変えます。

たくさんのアーティストや表現者が、ビジネス的なセンスも磨くことで成功をつかんできました。


次はあなたの番です。


あなたもあなた自身のために決断してください。


カレッジへのあなたのご入学を心からお待ちしております。


                 三尾洋介

一般社団法人 日本アート教育振興会

     BCA 表現者ビジネスカレッジ

表現者ビジネスカレッジ

アート系、表現系のシゴトで

食べていく力をつける学校

5,400円(税別) / 月

で入学する

クレジット決済となりまして、最初に決済された日にちで毎月お月謝が自動で引き落としとなります。

いつでも簡単にキャンセル出来ますので、お気軽にお試しください。

表現者ビジネスカレッジ

1ヶ月ごと

5400円

(税抜)

いま 入学すると、

これら3つのプレゼントもつきます。

完売作家 が「実は」を語る、 完売するには理由がある?

たった3つの数字で安定したビジネスをつくる方法

ビジネスで使えるITツールリスト

3つのプレゼント付き

飛騨高山出身。

大学では経営学を専攻し、卒業後は視野を広げるため多民族国家であるオーストラリアへ。

1年間過ごしたオーストラリアでは、様々な人や文化との出会い、他国で自ら道を切り開いている人達から多くの刺激をうけ、帰国後は、子供の頃からの夢であったお笑い芸人の道へ進む事を決意する。

「お笑い芸人ってどうやってなるの?」という初歩的な疑問からはじまった道だが、あこがれの有名芸人が所属する事務所のオーディションを受け、奇跡的に通過。

深く考えずにまず体が動く身軽さだけはこの頃からあった。それはラッキーだったのかもしれない。

希望する事務所で活動できることは、小さな自信にはなるが、それはやっとスタートラインに立ったまでのこと。

そこから様々な経験、学びがあり、ちょっと恐い裏の世界もたくさん見る。

BCA【表現者ビジネスカレッジ創設者】

プロフィール

一般社団法人 日本アート教育振興会 代表理事

BCA【表現者ビジネスカレッジ】創設者

三尾 洋介

BCA 理念

表現型のビジネスで起業・副業したい人を、安定的に食べれるようにすること。

MISSION

VISION

100人100様の表現を、尊重する世に。

VALUE

相互啓発 – 人類みな仲間。ともに学びあい、励ましあおう。

相互尊重 – 自由に考え、発言、行動し、お互いの価値観を尊重し合い、応援し合う文化をつくろう。

個性重視 – 本来「欠点」は存在しない、「個性」だけが存在するだけ。だからいいとこ探しをしよう。批判ではなく、肯定をしよう。

発見重視 – 自ら学び、気づき、発揮できる場にしよう。

創造重視 - 人間は本来、創造すること、表現することは好きなこと。楽しいをみずから生み出す子供のような大人になろう。

実践重視 – 知識だけでなく、実際に創ること、世に出すこと、行動に移すためにクラスでの学びがある。

社会彫刻 - ヨーゼフボイスは、社会と関わるすべての活動を「社会彫刻」と呼びました。素敵な社会をあなたの創造力でつくりだそう。

挑戦推奨 – 変わること、変えること、チャレンジすることは素敵なこと。

逆算思考 - 未来の理想の姿から逆算してゴールを決めよう。

笑顔重視 - 笑顔があなたを幸せにします。ワクワク、笑顔で語りあおう。


芸人としての活動では、クリエイティブな作品を生み出す多くの芸人(アーティスト)たちとの出会いに恵まれ、”お笑いはアートであり、芸人はアーティストである”と、そのことを今、なおさら強く実感する。

絵画などのアーティスト達の世界と同様に、芸人も、いわゆる”センスがある”と評価される人、”センスがない”とされる人がいるが、不思議なことに、”ビジネスになる人” ”ビジネスにならない人”、というのはこのセンスの評価とは必ずしも比例していない事に気づき、これもビジネスに興味をもちはじめたきっかけの一つとなる。

クリエイティブな作品を生み出す人、ビジネスとしても成功する人達との関りから多くを学ぶ。

彼らの本質を見る目、日々の過ごし方、作品の生み出し方を間近で見てきた芸人としての経験の全てが、後にビジネスを行うための学びとなる。

芸人、アーティストを何か特殊な別世界のように捉えていた感覚はいつのまにか払拭され、すべての職業は創造的であると考えはじめ、”芸人”というカテゴリに限定されない、より広い世界で、自分の表現の場を見つけようと、営業、デザイナー、管理、など様々な経験を経たのち、起業家としての世界へ踏み込む。

(と、それは言い訳で、テレビの番組枠を争うという狭い世界での過酷な争いに挑み続ける自信がなかっただけかもしれない・・・)

どのジャンルの職業も、事業も創造的になり得ると考えていたため、起業当初は”アート”に限定した事業を考えていたわけではなかったが、愛新覚羅溥儀(中国ラストエンペラー)の甥である画家 王昭氏と出会い、作品の販売をさせてもらった事が、アート事業をはじめるきっかけとなる。

アート事業をはじめると他の画家とのご縁も生まれ、作品販売から、アート講座事業へも展開する。

1つめに代表理事として設立したアートクラフト団体、一般社団法人 日本彫紙アート協会は、設立から約3年で会員数1000人以上の団体にし、全国に約60校の教室を誕生させ、年商1000万円を超える認定教室も誕生した。認定講師は300名以上を輩出。

また、彫紙アートの書籍を出版し、日本だけでなく、芸術文化大国フランスの出版社からも出版されるなど、注目を集めた。

協会アワード2013ではその教材開発力が認められ、教材開発部門賞を受賞している。

講座のプロモーションをアーティスト個人のプロモーションにつなげるビジネスモデルを実践し、

アーティストにはテレビ取材も多く入り、1回の個展で数百万円の作品販売に至ったケースもあった。

現在は、より多くのアートを広め、アーティスト達を支援するため、一般社団法人 日本彫紙アート協会を譲渡し、新たに一般社団法人 日本アート教育振興会を設立し代表理事を務める。

その講座開発力を活かし、様々なアーティスト達と協力し、デッサン、写真、画力など、アート講座、アートツアーなどを展開。

体験クラスへ年間2000人以上のお申込が発生するなど、人気講座、プログラムを展開している。

また、素晴らしい作品をつくっても、まったくビジネスを知らないがために上手く活動できていないアーティスト達をサポートするために、アーティスト達の為のビジネス講座も提供している。

活躍中の現役アーティスト、カメラマン、ライフコーチなど、様々な専門家、講師と共に力を合わせアーティスト達が自由な発想、自由な生活を手に入れるためのビジネススキルを教えている。

いずれの講座も受講生が受け身ではなく、ワクワクしながら能動的に学べる環境をつくることに尽力している。

そこには、”パパ業”として子育てにも尽力している一児の父としての視点や発想、遊び心もふんだんに盛り込まれている。

”人は、楽しんでいる時にこそ一番学ぶ”。という事を常に身近で体感しながら、教育プログラムを生み出している。

BCA【表現者ビジネスカレッジ】は、一般社団法人日本アート教育振興会が運営を行っております。

webサイト上の写真画像、テキストなど掲載の全てのコンテンツの無断複写、転載を禁じます。

東京都港区南青山2-2-15 03-4405-2132

一般社団法人日本アート教育振興会