【8/30公開!】夢を実現するためのコーチング

こんにちは。
一社)日本アート教育振興会 、BCA 事務局の杉内です。

突然ですが、夢ってどうやったら叶うのだろう、と
立ち止まってしまうことはありませんか?
私はしょっちゅうです。

というのも、音楽やアートって、「こうすればなれる」
という道筋が見えにくい世界ですよね。

学校の試験は、80点以上取れば合格とか明確な基準が
あるから対策も立てやすいけれど、アートの世界に
入ると、途端に評価基準が見えにくくなると感じます。

私事ですが、私は漫画を描いています。
漫画の世界には、雑誌に載るための「連載会議」という
ものが存在するのですが、この会議、大変難易度が高いんです。
漫画は面白ければOK! という共通認識は皆さんも
お持ちかもしれませんが、
じゃあ、「面白い」って一体なんなんでしょう……?

没を重ねるうちに、「面白い」がわからなくなり、
どんどん迷走し、自分が何を描きたかったかわからなく
なってしまう……
そうやって筆を折ってしまった人を、たくさん見てきました。

私も「この先どうしていけばいいんだろう」と悩んで、
立ち止まったことがありました。
そんなとき、ご縁があって「コーチング」を受けました。

「コーチ」というとスポーツを連想するかもしれませんが、
もともとの意味は、ある地点Aからある地点Bへ連れていく
ことを意味するのだそうです。

あなたの目的地へ連れていってもらうためのもの、
それがコーチングです。

コーチングの良いところは、まず何よりも、
「自分がどうなりたいのか」を言語化できるところだと
私は感じました。

活動が上手くいかないとどうしても視野が狭くなるし、
長期的に考えることも難しくなりますよね。
目の前の課題をクリアすることに躍起になってしまい、
そのためにはあれも必要、これも必要……
とタスクばかりが増えていき、手につかなくなっていきます。

もし今あなたがそんな状態に陥っているとしたら、
ぜひ、一度コーチングを受けてみることを
オススメしたいです。

「自分は将来どうなりたいのか」「どのような状態が理想なのか」
……
それが明確になると、現在やらなければならないことが
はっきり見えて、全力投球できるようになります。

今回の動画講義をごらんいただき、思考がクリアになってぱっと視界が開ける感覚をどうぞご体験ください。

動画講義はこちら
https://college.jeara.jp/2021/08/30/dreem1/